lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

アクト・オブ・キリング

あなたが行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?

上映は終了しました。

(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

概要

1960年代インドネシアで行われた大量虐殺を加害者側の視点から描いたドキュメンタリー。60年代、秘密裏に100万人規模の大虐殺を行っていた実行者は、現在でも国民的英雄として暮らしている。その事実を取材していた米テキサス出身の映像作家ジョシュア・オッペンハイマー監督は、当局から被害者への接触を禁止されたことをきっかけに、取材対象を加害者側に切り替えた。映画製作に喜ぶ加害者は、オッペンハイマー監督の「カメラの前で自ら演じてみないか」という提案に応じ、意気揚々と過去の行為を再現していく。やがて、過去を演じることを通じて、加害者たちに変化が訪れる。エロール・モリス、ベルナー・ヘルツォークが製作総指揮として名を連ねている。山形国際ドキュメンタリー映画祭2013インターナショナル・コンペティションで「殺人という行為」のタイトルで上映され、最優秀賞を受賞。14年、「アクト・オブ・キリング」の邦題で劇場公開。


上映時間

上映は終了しました。


予告


スタッフ

監督:ジョシュア・オッペンハイマー
製作:ジョシュア・オッペンハイマー、シーネ・ビュレ・ソーレンセン
撮影:カルロス・マリアノ・アランゴ・デ・モンティス、ラース・スクリー
音楽:エーリン・オイエン・ビステル


キャスト

アンワル・コンゴ
ヘルマン・コト
アディ・ズルカドリ
イブラヒム・シニク


作品データ

上映時間:121分
映倫:
製作年:2012年
製作国: デンマーク・ノルウェー・イギリス合作
配給会社:トランスフォーマー
主な受賞歴:2013年ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞・観客賞受賞、2013年ヨーロッパ映画賞ドキュメンタリー賞受賞、2013年山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞受賞

[PR]

フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。


関連ニュース


関連製品