晩春

小津安二郎監督が何度もテーマにした結婚をめぐる父と娘の物語で、本作で小津映画初となる笠智衆、原節子の共演で描く感動作。大学教授の周吉は鎌倉で娘の紀子と二人で住んでいた。早くから妻を亡くし、戦争中に無理した紀子が身体を害し … Read More

東京物語

巨匠・小津安二郎監督が、戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死までをも見つめた日本映画を代表する名作の1本。周吉ととみの老夫婦が尾道から20年ぶりに東京にやって来た。長男幸一の一家も長女志げの夫婦も歓待してく … Read More

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

世界最大級のファーストフードチェーンを作り上げたレイ・クロックが、いかにして巨大企業を築き上げていったのかを描いたドラマ。主演は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートさ … Read More

残像

『灰とダイアモンド』などで知られ、2016年10月に90歳で急逝したアンジェイ・ワイダ監督が、社会主義政権による圧政に不屈の精神で立ち向かった実在の前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの生涯を描いた伝記ドラマ。第2 … Read More

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)

俳優・向井理が祖母の卒寿(90歳)のお祝いに、家族や親戚と自費出版して贈った祖母の手記を、向井自ら7年の歳月をかけて映画化。81歳になった朋子は、不慣れな手つきでパソコンに向かい、亡くなった夫・吾郎との思い出を記録してい … Read More

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

バレエ界きっての異端児といわれるダンサー、セルゲイ・ポルーニンを追ったドキュメンタリー。ウクライナ出身、19歳で史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。その … Read More

残菊物語

村松梢風が二代目・尾上菊之助の人生を描いた同名小説を溝口健二監督が映画化。溝口の最高傑作のひとつに挙げられる時代劇。溝口演出の特徴である「1シーン1カット」はこの作品で完成した。菊之助は歌舞伎の名門、五代目菊五郎の後継者 … Read More

1 3 4 5 6 7 8 9 10