lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

エゴン・シーレ 死と乙女

愛も、命さえも、この絵に捧げて−

5/6(土)〜5/19(金)上映

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH

概要

魂を揺さぶる鮮烈な作風で独特の美とエロスを描き、28年の生涯を駆け抜けた天才画家エゴン・シーレのスキャンダラスな半生を描いた伝記ドラマ。1910年、美術アカデミーを退学したシーレは、画家仲間と”新芸術団”を結成し、妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。グスタフ・クリムトから17歳のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女と同棲を開始。幼児性愛者などと世間から誹謗中傷を浴びながらも、シーレは時代の寵児へとのし上がっていく…。


上映時間

[table “702” not found /]

料金

【料金】一般:1400円 シニア・学生:1,000円 会員:800円または500円(プランにより異なります)

予告


スタッフ

監督:ディーター・ベルナー
脚本:ヒルデ・ベルガー
   ディーター・ベルナー
撮影:カーステン・ティーレ
美術:ゲッツ・ワイドナー
衣装:ウリ・ジモン
編集:ロベルト・ヘンシェル
音楽アンドレ・ジェジュク

キャスト

エゴン・シーレ:ノア・サーベトラ
ゲルティ・シーレ:マレシ・リーグナー
ヴァリ・ノイツェル:ファレリエ・ペヒナー
モア・マンドゥ:ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ
エディット・ハルムス:マリー・ユンク
アデーレ・ハルムス:エリーザベト・ウムラウフト
アントン・ペシュカ:トーマス・シューベルト
ドム・オーゼン:ダニエル・シュトレーサー
グスタフ・クリムト:コーネリウス・オボンバ


作品データ

上映時間:109分
映倫区分:R15+
製作年:2016年
製作国:オーストリア、ルクセンブルク
配給会社:アルバトロス・フィルム
公式サイト http://egonschiele-movie.com

[PR]