lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

母と暮せば

もう息子には会えないと、思っていました。

上映は終了しました。

(C)2015「母と暮せば」製作委員会

(C)2015「母と暮せば」製作委員会

概要

小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化。主人公の福原伸子役を「おとうと」「母べえ」でも山田監督とタッグを組んだ吉永小百合が演じ、その息子・浩二役で二宮和也が山田組に初参加。「小さいおうち」でベルリン国際映画祭銀獅子賞(女優賞)を受賞した黒木華が、浩二の恋人・町子に扮する。1948年8月9日、長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で死んだはずの息子・浩二が現れる。2人は浩二の恋人・町子の幸せを気にかけながら、たくさんの話をする。その幸せな時間は永遠に続くと思われたが……。


上映時間

[table “268” not found /]

予告


スタッフ

監督:山田洋次
脚本:山田洋次、平松恵美子
プロデューサー:榎望
企画:井上麻矢
撮影:近森眞史
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:坂本龍一


キャスト

福原伸子:吉永小百合
福原浩二:二宮和也
佐多町子:黒木華
黒田:浅野忠信
上海のおじさん:加藤健一
富江:広岡由里子
民子:本田望結
復員局の職員:小林稔侍
年配の男:辻萬長
川上教授:橋爪功


作品データ

上映時間:130分
製作年:2015年
映倫区分:G
製作国:日本
配給会社:松竹


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品

小説 母と暮せば
小説 母と暮せば

posted with amazlet at 16.02.13
山田 洋次 井上 麻矢
集英社
売り上げランキング: 23,844