花筐/HANAGATAMI

©唐津映画製作委員会/PSC 2017

【 8/18(土) 〜 8/24(金) 上映】

名匠・大林宣彦監督が、1977 年のデビュー作『HOUSE ハウス』より以前に書き上げていた幻の脚本を映画化し、戦争3 部作の最終章として撮り上げた青春群像劇。檀一雄の純文学「花筐」を原作に、戦争の足音が迫る時代を懸命に生きる若者たちの友情や恋を赤裸々に描き出す。

1941 年、春。佐賀県唐津市の叔母のもとに身を寄せている17 歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら個性豊かな学友たちと共に「勇気を試す冒険」に興じる日々を送っていた。肺病を患う従妹・美那に思いを寄せる俊彦だったが、その一方で女友達のあきねや千歳と青春を謳歌している。そんな彼らの日常は、いつしか恐ろしい戦争の渦に飲み込まれていき…。

上映時間

上映時間
上映機材トラブルのため、8/23(木)まで休映とさせていただきます。大変申し訳ございませんが、ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
8/18(土)〜8/24(金)10:05〜終13:10
※予告編なし※8/23(木)まで休映
【10/6(土)~10/12(金)に再上映致します。お時間は追ってご案内いたします】

料金

【通常料金】 

一般:1,400円
シニア:1,000円
学生:1,000円
小学生以下:500円
会員:800円または500円(プランにより異なります)

予告

スタッフ

監督・脚本:大林宣彦
原作:檀一雄

キャスト

榊山俊彦(僕):窪塚俊介
江馬美那:矢作穂香
江馬圭子:常盤貴子
鵜飼:満島真之介
吉良:長塚圭史

上映時間:169分

倫理区分:PG12

製作年:2017年

製作国:日本

配給会社:新日本映画社

公式サイト:http://hanagatami-movie.jp/