lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

ハンナ・アーレント

彼女は世界に真実を伝えた—

上映は終了しました。

(C)2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl, MACT Productions SA, Metro Communicationsltd.

(C)2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl, MACT Productions SA, Metro Communicationsltd.

概要

ドイツに生まれ、ナチス政権による迫害を逃れてアメリカへ亡命したユダヤ人の女性哲学者ハンナ・アーレントを描いた歴史ドラマ。1960年代初頭、ハンナ・アーレントは元ナチス高官アドルフ・アイヒマンの裁判の傍聴記事を執筆・発表するが、記事は大論争を巻き起こし、アーレントも激しいバッシングを受けてしまう。その顛末を通して絶対悪とは何か、考える力とは何かを問うとともに、アーレントの強い信念を描きだしていく。監督はフォルカー・シュレンドルフの元妻としても知られるマルガレーテ・フォン・トロッタ。2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門出品。


上映時間

上映は終了しました。


予告


スタッフ

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
脚本:マルガレーテ・フォン・トロッタ、パメラ・カッツ
製作:ベティーナ・ブロケンパー、ヨハネス・レキシン
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ
音楽:アンドレ・マーゲンターラー


キャスト

ハンナ・アーレント:バルバラ・スコバ
ハインリヒ・ブリュッヒャー:アクセル・ミルベルク
メアリー・マッカーシー:ジャネット・マクティア
ロッテ・ケーラー:ユリア・イェンチ


作品データ

上映時間:114分
映倫:G
製作年:2012年
製作国: ドイツ・ルクセンブルク・フランス合作
配給会社:セテラ・インターナショナル
主な受賞歴:例:第83回 アカデミー賞(2011年)外国作品賞


レビュー

思考し続ける大切さと意志の強さ。ハンナ・アーレントレビュー


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース