lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

わたしはマララ

"ふつう"の女の子が、世界を変えようとしている。

上映は終了しました。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

概要

2014年にノーベル平和賞を史上最年少で受賞した17歳の少女マララ・ユスフザイを、「不都合な真実」のデイビス・グッゲンハイム監督が取材したドキュメンタリー。パキスタンで学校を経営する詩人の父と文字の読めない母の長女として生まれたマララは、タリバンに支配された教育事情や暮らしについてブログに綴りはじめるが、ドキュメンタリーへの出演によって身元が知れ渡り、タリバンに命を狙われる身となってしまう。そして2012年、当時15歳だったマララと友人は、スクールバスで下校途中に銃撃され、頭に大怪我を負う。世界に衝撃を与えたこの事件を中心に、マララの生い立ちや父が彼女の名に込めた想いを明かし、普通の少女がなぜ教育活動家としての道を歩むことになったのか、その真相を描く。


上映時間

[table “234” not found /]

予告

スタッフ

監督:デイビス・グッゲンハイム
製作:デイビス・グッゲンハイム、ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド
撮影:エリック・ローランド
編集:グレッグ・フィントン、ブライアン・ジョンソン、ブラッド・フラー
音楽:トーマス・ニューマン
アニメーション:ジェイソン・カーペンター


キャスト

マララ・ユスフザイ
ジアウディン・ユスフザイ
トール・ペカイ・ユスフザイ


作品データ

上映時間:88分
映倫区分:G
製作年:2015年
製作国:アメリカ
配給会社:20世紀フォックス映画


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女
マララ・ユスフザイ クリスティーナ・ラム
学研マーケティング
売り上げランキング: 3,622