ヒトラーを欺いた黄色い星

©2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion ©Peter Hartwig

【 9/29(土) 〜 10/12(金) 上映】

ナチス政権下のベルリンで終戦まで生き延びた約1500人のユダヤ人の実話を、実際の生還者の証言を交えながら映画化。1943年2月、強制労働のためにベルリンに残されたすべてのユダヤ人が逮捕され、ナチス・ドイツ政権は首都からユダヤ人がいなくなったと宣言する。しかし実際には約7000人のユダヤ人がベルリン各地に潜伏し、そのうち約1500人が終戦まで生き延びた。極限状態の中で、彼らがどのようにして住居や食料を確保し、ゲシュタポや密告者の監視の目をすり抜けたのか―歴史の知られざる真実を描き出す。

上映時間

上映時間
9/29(土)〜10/5(金)9:50〜終11:4015:55〜終17:45
10/6(土)〜10/12(金)12:45〜終14:3520:00〜終21:50

料金

【通常料金】 

一般:1,400円
シニア:1,000円
学生:1,000円
小学生以下:500円
会員:800円または500円(プランにより異なります)

予告

スタッフ

監督・製作・脚本:クラウス・レーフレ

キャスト

ツィオマ・シェーンハウス:マックス・マウフ
ハンニ・レヴィ:アリス・ドワイヤー
ルート・アルント:ルビー・O・フィー
オイゲン・フリーデ:アーロン・アルタラス

上映時間:111分

倫理区分:G

製作年:2017年

製作国:ドイツ

配給会社:ニューセレクト

公式サイト:http://hittler-kiiroihoshi.com/