lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

石内都

人物

石内都(いしうち みやこ)
1947年生まれ。群馬県出身。多摩美術大学デザイン科染織デザイン専攻中退。初期三部作「絶唱、横須賀ストーリー」「APARTMENT」「連夜の街」で街の空気、気配、記憶を捉え、同い歳生まれの女性の手と足をクローズアップした「1・9・4・7」以後身体にのこる傷跡シリーズを撮り続ける。1979年には木村伊兵衛賞を受賞。1999年東川賞国内作家賞を受賞など他にも数多くの賞を受賞している現代日本を代表する写真家。作品はニューヨーク近代美術館、カナダ国立美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター、東京都現代美術館などに所蔵・展示実績を持つ。2005年にはベネチア・ビエンナーレ日本代表にもなっている。2009年、写真集「ひろしま」(集英社)を出版。同写真集では原爆で亡くなった人々の衣服を撮影。その様子はドキュメンタリー「ひろしま 石内都・遺されたものたち」として映像作品にもまとめらている。

フィルモグラフィー

[PR]