lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

火の山のマリア

わたしは、この熱い大地から生まれた。

上映は終了しました。

(C)LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015

(C)LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015

概要

過酷な境遇に置かれながらも力強く生きるマヤ族の女性の姿を通し、グアテマラが抱える様々な社会問題を浮かび上がらせたヒューマンドラマ。グアテマラ出身のハイロ・ブスタマンテ監督が長編初メガホンをとり、2015年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞、さらにグアテマラ映画として初めて米アカデミー賞の外国語映画賞にエントリーも果たした。農業を営む貧しい両親のもとに生まれ育った17歳のマヤ族の少女マリア。作物を収穫できなければ借地を追い出されてしまうため、両親は地主のイグナシオにマリアを嫁がせようとしていたが、彼女はコーヒー農園で働く青年ペペに惹かれていた。その頃、農場は蛇の被害に悩まされており、農薬も効かず困り果てていた。やがて、マリアがペペの子どもを身ごもっていることが発覚する。


上映時間

[table “360” not found /]

予告


スタッフ

監督:ハイロ・ブスタマンテ
製作総指揮:イネス・ノフエンテス
脚本:ハイロ・ブスタマンテ


キャスト

マリア:マリア・メルセデス・コロイ
フアナ:マリア・テロン
マヌエル・アントゥン


作品データ

上映時間:93分
映倫区分:G
製作年:2015年
製作国:グアテマラ・フランス合作
配給会社:エスパース・サロウ
主な受賞歴:第65回 ベルリン国際映画祭(2015年):銀熊賞


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品

グアテマラ現代史―苦悩するマヤの国
近藤 敦子
彩流社
売り上げランキング: 475,346