lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

マット・リーブス

人物

Matt Reeves(マット・リーブス)
1966年出身。アメリカのニューヨーク出身。8歳の頃から映画を撮り始める。13歳の時にJ・J・エイブラムスと運命的に出会い、一緒に映画製作を始める。二人は後に盟友と呼ぶべき存在となる。南カリフォルニア大学で映画製作を学び。在学中にスティーブン・セガール主演の「暴走特急」の脚本を担当する。卒業後、「ハッピィブルー」で長編映画監督デビュー。以後、J・J・エイブラムスとテレビシリーズ「フェリシティの青春」でタッグを組み、ヒットを飛ばす。長編映画第2作もエイブラムスとの共作「クローバーフィールド HAKAISHA」で、低予算ながら大ヒットを収める。

フィルモグラフィー

  • 暴走特急(1995)・・・脚本
  • ハッピィブルー(1996)・・・監督/脚本
  • 裏切り者(2000)・・・脚本
  • クローバーフィールド HAKAISHA(2008)・・・監督
  • モールス(2010)・・・監督/脚本
  • 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)・・・監督
[PR]