lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

ニーゼと光のアトリエ

わたしの武器は、愛と絵筆

2/18(土)〜3/3(金)上映

(C)TvZero

(C)TvZero

概要

ショック療法が当たり前とされ。精神病院が患者を人間扱いしていなかった時代を背景に、画期的な改革に挑んだ女性精神科医ニーゼの苦闘を描いたブラジル映画。1940年代、ブラジル。精神病院で働くことになった医師ニーゼは、電気ショック療法などの暴力的な治療が行われていることに衝撃を受ける。患者を病院の支配から解放するため、絵の具と筆を与え、心を自由に表現する場を与えようと試みる。


上映時間

[table “644” not found /]

料金

【通常料金】一般:1400円 シニア・学生:1,000円 小学生以下:500円 会員:800円または500円(プランにより異なります)

予告


スタッフ

監督・脚本:ホベルト・ベリネール
撮影:アンドレー・オルタ
美術:ダニエウ・フラックスマン
編集:ペドロ・ブロンズ
音楽:ジャック・モレレンバウム

キャスト

ニーゼ:グロリア・ピレス
アデリナ:シモーネ・マゼール
カルロス:ジュリオ・アドリアォン
エミジオ:クラウジオ・ジャボランジー
フェルナンド:ファブリシオ・ボリベイラ
ルシオ:ホネイ・ビレラ


作品データ

上映時間:109分
映倫区分:R15+
製作年:2015年
製作国:ブラジル
配給会社:ココロヲ・動かす・映画社○
公式サイト http://maru-movie.com/nise.html

[PR]