気狂いピエロ

(C)StudioCanall

【 7/8(土) 〜 7/21(金) 上映】

35歳のゴダールが、長編10作目で到達したヌーヴェルヴァーグ波高の頂点。デジタル・リマスター、寺尾次郎の新訳決定版でリバイバル。「ピエロ」と呼ばれるフェルディナンは、退屈な結婚生活から抜け出したいという衝動に駆られ、偶然再会した昔の恋人マリアンヌと一夜を過ごす。翌朝目覚めると、彼女の部屋に男の死体が。ふたりは逃避行を始めるが、やがてマリアンヌはフェルディナンに嫌気がさして彼を裏切ってしまう。

上映時間

 

料金

【通常料金】一般:1,400円
シニア:1,000円
学生:1,000円
小学生以下:500円
会員:800円または500円(プランにより異なります。)

予告

スタッフ

監督・脚本ジャン=リュック・ゴダール
製作:ジョルジュ・ド・ボールガール
   ディノ・デ・ラウレンティス
原作:ライオネル・ホワイト
撮影:ラウール・クタール
美術:ピエール・ギュフロワ
音楽:アントワーヌ・デュアメル

キャスト

フェルディナン・グリフォン(ピエロ):ジャン=ポール・ベルモンド
マリアンヌ・ルノワール:アンナ・カリーナ
フェルディナンの妻マリア:グラッツィラ・ガルバーニ
マリアンヌの兄レッド:ダーク・サンダース
アメリカ監督:サミュエル・フラー
小男:ジミー・カルービ
港の男:レイモン・ドボス
政治亡命者ラズロ・コヴァックス:ラズロ・サボ
ギャング:ロジェ・デュトワ
ギャング:ハンス・メイヤー
映画館の若い観客:ジャン=ピエール・レオ

上映時間:105分

倫理区分:G

製作年:1965年

製作国:フランス、イタリア

配給会社:オンリーハーツ

公式サイト:http://pierrot.onlyhearts.co.jp