lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

サウルの息子

最後まで<人間>であり続けるために—

上映は終了しました。

(C)2015 Laokoon Filmgroup

(C)2015 Laokoon Filmgroup

概要

2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いた。1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガリー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが……。ハンガリーの名匠タル・ベーラに師事したネメシュ・ラースロー監督の長編デビュー作。


上映時間

[table “289” not found /]

予告


スタッフ

監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー、クララ・ロワイエ
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音響:ザーニ・タマーシュ
美術:ライク・ラースロー
編集:マチェー・タポニエ
音楽:メリシュ・ラースロー


キャスト

サウル:ルーリグ・ゲーザ
アブラハム:モルナール・レべンテ
ビーダーマン:ユルス・レチン
顎鬚の男:トッド・シャルモン
医者:ジョーテール・シャーンドル


作品データ

上映時間:107分
映倫区分:G
製作年:2015年
製作国:ハンガリー
配給会社:ファインフィルムズ
主な受賞歴:第88回 アカデミー賞(2016年):外国語映画賞受賞、第73回 ゴールデングローブ賞(2016年):最優秀外国語映画賞受賞、第68回 カンヌ国際映画祭(2015年):グランプリ


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品

私はガス室の「特殊任務」をしていた
シュロモ ヴェネツィア
河出書房新社
売り上げランキング: 43,077