lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

ルック・オブ・サイレンス

「あなたはなぜ、兄を殺したのですか—」100万人の命を奪ったのは、"責任なき悪"のメカニズム。

上映は終了しました。

(C)Final Cut for Real Aps, Anonymous, Piraya Film AS, and Making Movies Oy 2014

(C)Final Cut for Real Aps, Anonymous, Piraya Film AS, and Making Movies Oy 2014

概要

1960年代インドネシアで100万人もの命を奪った大虐殺の実行者たちにカメラを向け、各国の映画祭や映画賞で話題となった「アクト・オブ・キリング」のジョシュア・オッペンハイマー監督が、同事件を被害者側の視点から見つめなおしたドキュメンタリー。虐殺された男性の弟として生まれた眼鏡技師の青年アディが、オッペンハイマー監督が撮影した加害者のインタビュー映像に強い衝撃を受け、監督と共に加害者のもとを訪問。現在も権力者として暮らしている加害者に無料の視力検査を行なうことで彼らの警戒をそらしつつ、核心をついた質問の数々を投げかける。やがて明らかになる衝撃の事実を通し、「責任なき悪」のメカニズムが浮かび上がってくる。


上映時間

[table “202” not found /]

予告

スタッフ

監督:ジョシュア・オッペンハイマー
製作総指揮:エロール・モリス、ベルナー・ヘルツォーク、アンドレ・シンガー
製作:ジョシュア・オッペンハイマー、シーネ・ビュレ・ソーレンセン
撮影:ラース・スクリー
編集:ニルス・ペー・アンデルセン


キャスト

アディ・ルクン
アミール・シアハーン
アミール・ハサン
イノン・シア
M・Y・バスラン


作品データ

上映時間:103分
製作年:2014年
製作国:デンマーク・フィンランド・インドネシア・ノルウェー・イギリス合作
配給会社:トランスフォーマ
主な受賞歴:第71回 ベネチア国際映画祭(2014年):審査員グランプリ


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品