lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと

世界中の兄弟たちよ この叫びを無視すると言うのか?

上映は終了しました。

それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさとポスタービジュアル

概要

中東シリアで祖国の民主化を求めて戦う若者たちの姿をとらえたドキュメンタリー。2011年にアラブから始まった民主化運動の波を受け、2人のシリア人青年が立ち上がった。サッカーのユース代表チームで活躍していた19歳のバセットは、そのカリスマ性で若者たちの心をつかみ、民主化運動のリーダーになる。一方、彼の友人であるカメラマンのオサマは、デモの様子を撮影してインターネットで公開することで民主化運動を広げようとする。非暴力の抵抗運動を続けていた彼らだったが、12年2月に状況は一変。政府軍の攻撃により、ホムスで170人もの市民が殺害された。政府との対話が不可能であることを知ったバセットたちは、武器を手に取り命がけの戦いに身を投じる。11年夏より彼らの活動を追ってきたシリア人監督タラール・デルキが、今なお戦いの中で生きる彼らの姿をありのままに映し出す。サンダンス映画祭ワールドシネマドキュメンタリー部門でグランプリを獲得。


上映時間

[table “203” not found /]

予告

スタッフ

監督:タラール・デルキ
製作:オルワ・ニーラビーア、ハンス・ロバート・アイゼンハウアー
編集:アンネ・ファビニ


作品データ

上映時間:89分
製作年:2013年
製作国:シリア・ドイツ合作
配給会社:ユナイテッドピープル


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品

シリア アサド政権の40年史 (平凡社新書)
国枝 昌樹
平凡社
売り上げランキング: 52,198