lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

ギリシャに消えた嘘

罠か、それとも愛か—。

上映は終了しました。

(C)2014 STUDIOCANAL S.A. All rights reserved.

(C)2014 STUDIOCANAL S.A. All rights reserved.

概要

「太陽がいっぱい」「リプリー」の原作者として知られるパトリシア・ハイスミスのサスペンス小説「殺意の迷宮」を、今作が初監督となる「ドライヴ」の脚本家ホセイン・アミニにより映画化。1962年、ギリシャのアテネでツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダルが、パルテノン神殿で優雅なアメリカ人紳士チェスターとその妻コレットと出会う。夫妻に魅了され、彼らのガイドを務めるライダルだったが、チェスターがホテルの部屋に現れた探偵を殺害し、ライダルがその後始末を手助けしたことから3人の運命は激変。警察にも追われる身となった3人は、後戻りできない破滅への道を突き進んでいく。紳士とその妻にビゴ・モーテンセン、キルステン・ダンスト。ライダル役に「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のオスカー・アイザック。


上映時間

上映は終了しました。

予告

スタッフ

監督:ホセイン・アミニ
製作:トム・スターンバーグ、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、ロビン・スロボ
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:ホセイン・アミニ
撮影:マルセル・ザイスキンド
美術:マイケル・カーリン
音楽:アルベルト・イグレシアス
衣装:スティーブン・ノーブル


キャスト

チェスター:ビゴ・モーテンセン
コレット:キルステン・ダンスト
ライダル:オスカー・アイザック


作品データ

上映時間:96分
製作年:2014年
映倫:G
製作国:イギリス・フランス・アメリカ合作
配給会社:プレシディオ


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。


関連ニュース


関連製品

殺意の迷宮 (創元推理文庫)
パトリシア ハイスミス
東京創元社
売り上げランキング: 255,313
[PR]