lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

妻の病 レビー小体型認知症

「生きなきゃ・・・ふたりでよう頑張ったと思う。」「うん、生きなきゃ。」

上映は終了しました。

妻の病 レビー小体型認知症ポスタービジュアル

概要

高知県南国市の小児科医・石本浩市医師と認知症の妻・弥生さんの10年間におよぶ闘病の日々と夫婦の深い絆をとらえたドキュメンタリー。2004年に統合失調症と診断された弥生さんは、その3年後に若年性のレビー小体型認知症であることが判明する。それ以来、石本医師は医師ならではの観察眼で妻の日常を詳細に記録し続けてきた。小児がんについてのドキュメンタリー「風のかたち」で石本医師と出会った伊勢真一監督が、家族や地域の人々に支えられながら深い愛情を持って弥生さんをケアする石本医師の姿を温かい眼差しで映し出し、病を経て絆を深めていく夫婦の姿を通して、愛する人や自分が認知症になった時に何が大切なのかを問いかける。


伊勢真一監督作品「ゆめのほとり 認知症グループホーム 福寿荘」も同日程で上映

上映時間

[table “244” not found /]

予告

スタッフ

監督:伊勢真一
撮影:石倉隆二
音響:米山靖
録音:渡辺丈彦
編集技術:尾尻弘一


作品データ

上映時間:87分
製作年:2014年
製作国:日本
配給会社:いせフィルム


フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちら。

[PR]

関連ニュース


関連製品

私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活
樋口 直美
ブックマン社
売り上げランキング: 7,080