lineサムネ twitterサムネ facebookサムネ insta-icon

ウィリアム・ワイラー

人物

William Wyler(ウィリアム・ワイラー)
1902年生まれ。ミュールハウゼン(現・フランス東部アルザス地域圏オー=ラン県ミュルーズ)出身。親戚にハリウッドの重鎮カール・レムリがいたことから、18歳で渡米し映画業界で働き始める。助監督などの役職を経て短編西部劇で監督デビューを果たす。ユニバーサル・スタジオの人気監督となるが、第二次世界大戦中は、アメリカ空軍少佐の地位を経て戦意高揚映画の製作も行う。戦時中ドキュメンタリーの製作中に爆音で右耳の聴覚を失う。戦後も映画を作り続け、「我等の生涯の最良の年」でアカデミー作品賞を受賞。その後も「ローマの休日」「ベン・ハー」「大いなる西部」など映画史に残る傑作を多数監督する。1981年永眠。

フィルモグラフィー

  • 稲妻の男(1926)・・・監督
  • 恋のからくり(1929)・・・監督
  • 仮の塒(1929)・・・監督
  • 砂漠の生霊(1930)・・・監督
  • 嵐(1930)・・・監督
  • 北海の漁火(1931)・・・監督
  • 鉄血士官校(1932)・・・監督
  • 巨人登場(1933)・・・監督
  • 白蛾(1934)・・・監督
  • お人好しの仙女(1935)・・・監督
  • この三人(1936)・・・監督
  • 孔雀夫人(1936)・・・監督
  • 大自然の凱歌(1936)・・・監督
  • デッド・エンド(1937)・・・監督
  • 黒蘭の女(1938)・・・監督
  • 嵐が丘(1939)・・・監督
  • 月光の女(1940)・・・監督
  • 西部の男(1940)・・・監督
  • 偽りの花園(1941)・・・監督
  • ミニヴァー夫人(1941)・・・監督
  • 我等の生涯の最良の年(1946)・・・監督
  • 女相続人(1949)・・・監督
  • 探偵物語(1951)・・・監督/製作
  • 黄昏(1951)・・・監督/製作
  • ローマの休日(1953)・・・監督/製作
  • 必死の逃亡者(1955)・・・監督/製作
  • 友情ある説得(1956)・・・監督/脚色/製作
  • 大いなる西部(1958)・・・監督/製作
  • ベン・ハー(1959)・・・監督
  • 噂の二人(1961)・・・監督/製作
  • コレクター(1965)・・・監督
  • おしゃれ泥棒(1966)・・・監督
  • ファニー・ガール(1968)・・・監督
  • L・B・ジョーンズの解放(1969)・・・監督
[PR]